生命保険の加入条件とは

「もしもの時のために生命保険に加入しておきましょう」という言葉をよく聞くと思います。 ですが、生命保険はだれでも加入できるわけではありません。 では、加入するためにどのような条件があるのか紹介していきましょう。 ●生命保険の基本的な加入条件 ・病歴がないこと 保険会社によって違うのですが、過去に病歴があると加入できなかったり、保障内容に制限をかけられる、保険料が高くなってしまうなどのケースがあります。 その理由としては、再発すると保険会社が損失を被ってしまうリスクがあるからです。 逆に、これまで大きな病気をした事がなかったり、治療を受けた事がない方は保険料が安くなる事もあります。 また、通院中や入院中の方は加入できない場合があります。 ちなみに、風邪で通院したり、病院で薬を処方してもらって飲んでいる間は保険に加入できませんので、注意してください。 ・妊娠中ではないこと 妊娠中の場合でも妊娠周期によって加入できない場合があります。 具体的な周期は保険会社によって若干異なり、28週までは加入できる会社もあれば、妊娠中は加入できない会社もあります。 また、加入できても加入した時の妊娠は保障しない会社など、様々です。 ・刺青をしていないこと 刺青がある方は、原則として生命保険に加入できません。 最近ではファッションとして刺青を入れている人もいるのですが、刺青をしていると肝炎症率が高くなるために、加入を断られるケースが多いようです。 ちなみに、暴力団関係者も生命保険に加入できません。 もっと詳しく>>>>>毛穴の黒ずみエステ

妊婦の便秘について

妊娠するまでは便秘をしたことがなかったというような人でも妊娠を機に便秘をしてしまうことがあります。 これにはきちんとした理由がありますので、妊娠の初期の段階から追って出産後まで便秘について書いていきたいと思います。 ・妊娠初期の便秘について 女性の体調に大きく関わっていると言われているのが黄体ホルモンと呼ばれているホルモンです。 黄体ホルモンとは、妊娠や妊娠の準備に関わる女性ホルモンの1種です。 が、妊娠することによってこの黄体ホルモンの活動がずいぶんと活性化するのです。 黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える働きがあるのですが、これは言い換えれば筋肉の動きを弱めているということです。 この影響が腸を動かしている筋肉にもでるのです。 結果、便が腸内で移動することが難しくなって便秘の原因となるのです。 妊娠初期から4ヶ月くらいまではこういった便秘になりやすいホルモンの活発状態が続きます。 さらに言うのなら、妊娠の初期は、つわりなど体調的にも精神的にも不安定になりがちです。 ですので、どうしても食事の量が減ってしまいますし、運動不足にもなりがちです。 こうした生活環境がさらに便秘を引きおこす原因となっているのです。 ですので、無理に運動を進めませんが、その代わりに食欲がなくても食事は摂るようにしてください。 妊娠初期の段階を過ぎると、黄体ホルモンの量も徐々に減少していきますし、つわりも治まってくるので便を出しやすい条件がそろってきます。 ・妊娠中期の便秘について 妊娠の中期段階では少しずつお腹が大きくなってきます。 赤ちゃんがお腹の中で育ってきている段階ですね。 この段階に入ると、子宮が腸を圧迫し始めます。 子宮が大きくなることで、他にも血管を圧迫することもあります。 腹部の余剰なスペースが子宮で圧迫されることによって、便秘を起こしやすくなるのです。 同時に肛門に鬱血を起こしてしまう可能性もあります。 これが原因となって痔になることも少なくありません。 痔になってしまうと排便の際には痛みを感じるようになってしまいます。 この痛みがイヤで便意がきても排便を我慢してしまって余計に便秘になっていくという悪循環が起こることもあります。 排便の際にはふんばらなくともスムーズに排便できることがいちばん良いとされています。 しかし、便秘がちな人だとどうしてもふんばってしまうクセがついていたりしますよね。 ただ妊娠してしまうと、こうしてふんばることが悪いように思えてしまって、ふんばらないで排便しようと。 こう思っても、いままでがふんばっていたものだから、なかなか排便できないといったことで余計にでなくなってしまうこともあります。 便秘のストレスは胎児にも良い影響を与えるわけがありません。 ですので、便秘の解消にはやはり水分を多くとることをおすすめします。 なるべく便を柔らかくて、自然に排便できるようにして解消してしまいましょう。 どうしてもという場合には、浣腸などで排便を促すしかありません。 ・出産後の便秘 出産後になる便秘の原因の多くは出産時に会陰部を切開した傷の痛みによるものです。 この傷の痛みがあるので便意を我慢してしまった結果、便秘がちになってしまうというパターンが最も多いようです。 また、赤ちゃんに母乳を与えることで体内の水分が不足しがちになることも理由としてあげられます。 出産後にはふだんよりも多めに水分をとって、水不足に陥らないように気をつけてくださいね。 もっと詳しく調べたい方はこちら⇒妊娠線クリームのおすすめ