ストレートネックで手術をしなくてはならない時

ストレートネックの自覚症状であるめまいや頭痛などの症状が現れているとしても、本当にストレートネックなのかを診察してもらう必要があります。

では、病院の何科で診察を受けるようにすればいいのかというと、整形外科です。
形成外科でレントゲンで調べてもらい、頸椎の骨に異常が見られないかを見てもらわなくてはならない為、整形外科に行かなくてはならないのです。
レントゲン撮影をした結果、頸椎が正常に湾曲されていないのであれば、ストレートネック症だと診断されることになります。

そして、ストレートネックだと診断された場合、ストレートネック以外に併発していないかも調べることになります。

頸椎に障害が出てしまう病気として、頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどが挙げられます。
ストレートネックを発症してしまっていることによって、頸椎にも異常がみられるようになってしまい、頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアを併発してしまうこともあるのでs。

ですので、ストレートネック症が認められた場合、さらにMRIなどで合併症はないかをさらに検査で調べます。
検査の結果、合併症を引き起こしてしまっているのであれば、状態次第では外科手術をしなくてはならないということもあります。

ストレートネック単体の治療では、よほどのことがない限りは手術療法が採用されることはないのですが、合併症を引き起こしてしまっているのであれば、悪化しないうちに手術で治療をするということもあるのです。

手術療法がおこなわれる場合、ストレートネックだけではなく頸椎障害も引き起こされてしまっている可能性が高いです。
ですので、手術が必要だといわれたり、手術も検討したほうがいいといわれたのであれば、現在どのような症状が起きているのかをちゃんと聞くようにして、本当に手術をするべきなのかを決めるようにしましょう。

引用:葉酸サプリ安全度比較ランキング@安心おすすめは?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *